ブログトップ

VAN-QUISH ko-ji

vanquish01.exblog.jp

山口localbikerscom(団体)VAN-QUISH代表のdiary

2018年 07月 06日 ( 1 )

ネタがないから昨日の話だ。

呑みたくもないバリウム飲んで、久しぶりに要精密検査と言う判定。

何?胃癌の疑いか??

と言うことで行ってきました。2年ぶりの胃カメラ。

過去に経験してても嫌なものは嫌!
人生最初の胃カメラは、チュッパチャプスの大きさの蛇みたいな管が延々異に入るやつだったら、トラウマレベル。

今回は3回目。
力を抜いてりゃ直ぐ終わるさと検査控室?へ入場、隣の検査室へ繋がっている。
そんなとこで喉に麻酔をしたりしながら、検査を待つ。
と、あれ?他の人の気配??
どうやら先約がいるらしい。

直後、看護師の始めますよ~と、同時に
先約のオッサンの「おごごごごごこごごっ!」
「ぐえっ、えっえっえっエエエエエッ!」

・・・

なんだこの慟哭にも似た叫び声は??
dr「力抜いてくださ~い。叫ばない方が良いですよ~。足を伸ばしすぎですよ~。」

気分は最悪だ。。。。。

と、検査は終わったらしい。

Nrs「ごめんなさいね~、検査の前に嫌なもの聞かせちゃいましたね~!大丈夫ですよ~!」


とても大丈夫そうではありませんが??

最低な気分で検査室へ入ると、以前より細いカメラに変わっていた。太麺のうどん並だ。

以前に比べて、これは楽かも?なんて思ったのも束の間、オエってやっぱりなるし、苦しいもんは苦しい!!

dr「さっきの人より全然大丈夫ですよ~。あれじゃ検査にならない。」とか何とか無事に終了。

オッサンの慟哭のおはなしてお話でした。

胃カメラに興味がある人は太麺のうどんで練習すれば良いかと♪

んじゃ
[PR]
by VAN-QUISH | 2018-07-06 02:48 | ちゃり | Trackback | Comments(0)