人気ブログランキング |
ブログトップ

VAN-QUISH ko-ji

vanquish01.exblog.jp

山口localbikerscom(団体)VAN-QUISH代表のdiary

Jシリーズ 岐阜県 J1ウィングヒルズ白鳥大会DHI#5

a0085632_0361979.jpg

天気:晴れ
使用タイヤ:フロント マキシス ミニオンF2.5 エア圧1.8以下
        リア   マキシス ミニオンF2.5 エア圧1.6以下
(空気圧1.8で試走していたが、スタートして4コーナーまで、リアの接地感が分かりづらかったので、若干下げてみた。)
リアユニット:FOX DHX エア圧100psi
       リバウンドダイヤルを途中から2回転
フロントフォーク:TECH IN 誉
       下側ダンピングダイヤル途中から全解放
a0085632_0254466.jpg

(photo by N.gawa (こんなとこで意味不明に前輪上げたのは私だけ??)いつも画像ありがとうございます。早速upしていただきありがとうございます。)





予選:47位

コースはこれまでのウィングヒルズのコースと違い、シングルトラックの切り返しが多いテクニカルな前半のセクションと、後半のウッドチップの高速セクションからなる。

試走一日目
スタート直後、オフキャンバーのコーナーが幾つか続くが、早速もたもたして、気分が悪い。そして、シングルトラックに入ると切り返しの度にスピードが乗らず、部分的には止まってしまったり。
とどめは、シングル終盤のラダージャンプを飛んだあたりから、路面の凸凹でいちいち右手首が痛む。ウッドチップのギャップなんて拷問。全く乗れない。

阿藤君に引っ張ってもらうが、あっという間に置いていかれるし、どうやったらスムーズに走れるか分からない。
結局、毎回途中で止まったり、前の選手に詰まったりで、タイム計測は出来ないまま、5本試走したら13時には試走時間が終了してしまい、15時からのタイムドセッションを残すのみ。

タイムドセッション
とにかく、シングルトラックのラインのつなぎというか、スピードのつなぎ方が分からない。試走を後3本は走りたかった。
タイムドセッションは、自分でタイム計測できなかったため、今回は流すスピードより、そこそこ本気で走ることに。

なかなか気持ちよくスタートを切って、N.gawaさんの撮影ポイントでロールしてみたり。大分体が動くようになり、気分は良い。
が、後半になるとギャップの度に手首が痛くなり集中力も無くなってしまい、ウッドチップセクションを過ぎてコンパネのジャンプでギャップを飛び越す左コーナー進入を、なぜか直線と勘違いして、コーステープぎりぎりでフルブレーキtoスリップダウン。コンパネは飛べず、
その後は右手を離して、休ませつつダラダラでゴール。
タイムは3:39秒。他のライダーのタイムを聞きながら、予選通過ラインは3分20秒位かなと予測。
転けたとは言え、19秒以上縮める必要がある。ああ、試走したい!と思いつつ初日終了。

決勝日朝の試走
髑髏団Drから、ボルタレンを2錠貰っていたので、朝食後と試走後に飲むことに。おかげで、この日走行中に痛みは感じなかった。ありがとうございました!!
普段、朝の試走は前日に組み立てたラインと最終的なラインを確認、後は体の動きとか色んな感触を確認しながら3本程度走るのだけど、今回は、考えてもシングルでスピードを落とさずに走るイメージが全く出来ないから、i-nac三輪君の後ろを走らせてもらい、とにかく体で覚えるつもりで走る。

このコースは、あまり疲れが残らないなと感じていたことと、走ってラインを叩き込む事でしか、自信を持って走れそうに無かったので、走れるだけ走ったら、1時間半で5本も試走していた。朝からこんなに走ったのは初めてだ。
おかげで、何となく吹っ切れて、ボルタレンを飲んで2時間後のスタートまで体を休ませることに。

予選
とにかく大きなミスをしない事と、丁寧に行きつつもスピードを殺しすぎないようにと意識。何より全力を出し切ってゴールしたかった。
目標は、3:20秒切り。
細かいミスはいつも何度かある。ある意味想定内。が、途中のオフキャンバーの漕ぎセクションにSPDが外れて進入し、石にも弾かれ、焦げなかったのが一番大きなロス。
それ以外は、それなりに漕ぐことも出来、集中力は最後まで持った。
ゴール前のスラロームセクションを丁寧に通過し、ゴール。

直後の周りの反応から、自分が予選通過できるタイムは出せていないことが分かった瞬間に情けなくなる・・・。
タイムを確認すると、3:22秒・・・。
予選通過者のタイムは3:17秒、トップは決勝で3分を切りそうだった。
今回ばかりは言い訳のしようも無い。このコースでは、全力を出した達成感があるから、間違い無く現在の自分の実力だ。
これ以上速く走るためには色んな事が足りていないことが良くわかる。

ただ、足りていないことをまだ少しずつでも埋められる気がしている事が次への自信とステップ。まだ頑張れそうです。次のレースにきちんと何かをつなげたいですね。

次は、2週間後09シーズン最終戦石川県白山瀬名高原スキー場です。
自分がヘタレな事は百も承知だし、ここまできたら、守るものは何も無いですね。もっと追い込んで悔いを残さないようにしたい。
by VAN-QUISH | 2009-09-30 00:33 | ダウンヒルレース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://vanquish01.exblog.jp/tb/9035320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。