ブログトップ

VAN-QUISH ko-ji

vanquish01.exblog.jp

山口localbikerscom(団体)VAN-QUISH代表のdiary

2013 滋賀県箱館山 開幕戦

a0085632_22255889.jpg

(photo by EBI)
箱館山 練習日
 天気:快晴。
 路面:ドライ
 タイヤ:フロント 3CミニオンF2.5 空気圧1.8予選時
      リア  3CミニオンR2.5 空気圧2.0予選時

ドライコンディションでのダウンヒルは、最高ですね。特に、開幕戦はこうでなくては!
と、そんな練習日の午前。
まず、ここで、FOGbikes氏とTREKの某ヒロシさんにお礼を言わなければなりません。この場に両名がいなければ、マシンに跨ることもなく泣く泣く帰宅の途につくところでした。
そんなトラブルをああだこうだとしているうちに、先に試走していたライダーの様子を聞いてみると、自分が走り出すころには、路面は完全なドライコンディションになっていて、ちょうど良かった。

コースは概ね昨年と一緒。個人的には流れの良い、好きなコースです。
軽く2本ほど流して、3本目でタイムを計測。それなりに本気でペダリングしてみたけど4:02と、いきなり4分の壁・・・。そんなタイムのまま、タイムドセッションまで3、4本走って終了。
タイムドセッションは全開で行くことに。概ねスタート後のストレートを漕ぎ倒せば10秒は縮む予定だったが、どうやら速い人たちのタイムは軽く3:20~3:30秒台。むむむ・・・。
とりあえず40秒を切りたかったけど、3:44。あと5秒くらい縮むかな?って感触で終了。

レース日試走
とりあえず、漕がずに4:00を目安に走る。試走3本目に4:04。ライディングの調子は悪くないが・・・。どれだけ漕いで、ブレーキを我慢できるだろうか。

予選
スタートから漕ぐ。ペース配分より、最初から飛ばしていく方向で走り出した。
ここで、冬の練習不足どおりの感触で、早々に疲労してくる。
後半に入ると、試走時よりライディングが重く、つづらに入るとラインを少しずつ外してしまい、思うように走れないまま、大きなミスもなくゴール。
タイムはタイムドセッションから3秒しか縮まらず、3:41。せめて40秒は切っておきたかった・・・。44位で終了だ。
まあ、実力通りこんなもんだ。

後記
悔しさが無い訳ではないが、3月にようやくできた時間でダウンヒルバイクに跨った際、1.5mのドロップオフすら怖く感じるほどの体力とテクニックの落ち具合で、主催したT.T.Tでも、とても人に見せられる走りはできないと思いスタッフに徹したことや、同じく遠征して走れる自信もなかったため、ハルヨシにも行かなかったことを考えると、本当に酷い状態だった。
それからすれば、この1か月の十種ヶ峰での調整で、まあ何とか走れるところまで取り戻したかなと思った開幕戦。十分楽しめた。
とにかく、今年、4月以降は奇跡的に乗ることができる時間を貰ったんだ。
今からだ。前向きに行こう。このチャンスは逃せない。

にしても、決勝のトップライダーのタイムは3:10秒台。素晴らしい!
正直、セクションに突っ込む覚悟が全然違う。



LSD13500
[PR]
by VAN-QUISH | 2013-05-09 22:39 | ダウンヒルレース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://vanquish01.exblog.jp/tb/17761446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 三十四式 at 2013-05-13 18:22 x
箱館、お疲れ様でした。空気圧低すぎるんとちゃうかな。譽33型なら2.2~2.3は大丈夫のはず。転がりも良いしリム打ちのリスクもsくない。