ブログトップ

VAN-QUISH ko-ji

vanquish01.exblog.jp

山口localbikerscom(団体)VAN-QUISH代表のdiary

<   2015年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今日は所用を済ませて、やりたかったDIYもすんだし、良い感じのOFFに。

先週壊れたロードもついでに色々治したし、明日からはまた快適な通勤ができる。
シフトワイヤーは早めに定期交換しましょうとのことでした。

a0085632_22571917.jpg

夕飯は、得意料理と言うより、好きな料理。
ジャージャー麺風パスタを久しぶりに作った。
冷静のパスタを作ると、夏が来てる感じね。

料理の完成と同時に、それまでに出た器などの洗いものまでスムーズに終わっているとこれまた気分が良いですな🎵

  

[PR]
by VAN-QUISH | 2015-05-31 22:51 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
今日の十種ヶ峰は、午後雨。
それでも、午前中及び、午後も暫くはドライで乗れた🎵
a0085632_22453725.jpg

流石に本降りとなった3時頃で本日終了。

今日はとあるライダーに、ジャンプ講習。
あれやこれや、ああでもないこうでもないと、こちらもスクールの進め方を勉強しながら、最後は上手いことテーブルトップが飛べるようになって、なかなか楽しい1日でした。

私も良い勉強ができた♪
[PR]
by VAN-QUISH | 2015-05-30 22:37 | 十種ヶ峰MTBコース | Trackback | Comments(0)
明日は、田舎の草刈りをキャンセルして、十種ヶ峰。

梅雨入り前、最後かな?
と言うよりも、もう明日も雨っぽいけど。。。

今日は、朝からロードの変速ワイヤーが切れた!
メンテしてないから、罰ですかね?


 
[PR]
by VAN-QUISH | 2015-05-29 23:49 | Trackback | Comments(0)

今日はロードの帰宅中に見慣れないダンのロード姿に遭遇すると言うね。
まあ画にならない二人のロード姿!

今度は、トレーニングコースをランデブーしてみますかね?

夜に近所を散歩してると、近くの神社付近を蛍が飛んでた。

程よい田舎加減が良い感じです。
これ以上田んぼが減って住宅街にはなって欲しくないな~、と言うのはわがままか。。。
[PR]
by VAN-QUISH | 2015-05-28 23:35 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
今日も視察。
秋吉台経由で北長門方面。
a0085632_22404761.jpg

久しぶりの千畳敷
a0085632_22405258.jpg

から下って竜宮の潮吹き。
a0085632_22410358.jpg


この辺りは、アップダウンの斜度がとても厳しいコースだね。

千畳敷のカントリーキッチンのカレーが美味しかった!❗
a0085632_22410507.jpg

[PR]
by VAN-QUISH | 2015-05-27 22:32 | Trackback | Comments(0)

T6

a0085632_23215462.jpg

フォルクスワーゲン T6
a0085632_23215521.jpg

これ、欧州価格なら三百万位らしい。
日本への正規輸入にはラインナップに入らないようだけど、前の型のT5の平行輸入なら、七百万前後らしい。
いきなり高くなるね。

こんなん格安で日本に入るなら欲しいな~。

トランポエルの乗り換えをのんびり考えてるけど、正直これだ!と言うのは見つからない。
[PR]
by VAN-QUISH | 2015-05-26 23:10 | Trackback | Comments(1)

今日は特にネタは無い。。。眠いし。。。

さて、先日から連続して十種ヶ峰に忘れ物して帰ると言うドジを。
そして、連続して十種ヶ峰のF本さんに届けてもらうと言う迷惑かけまくりで、すみません!

ところで、最近家が暑くなってきたから、窓を開けて寝ようとすると、周りの田んぼの蛙が大合唱。

宇部の田舎でも、夏は蛙の大合唱が当たり前の光景だったことを思い出すと懐かしくもあり、五月蝿いけどなんとなく落ち着くような。
もうすぐ梅雨入りだね。

トレーニングしなくては。
[PR]
by VAN-QUISH | 2015-05-26 00:24 | Trackback | Comments(0)
今日の十種ヶ峰も晴天♪
午前中傷んでるコースの補修をして、ライド。
お昼に粗男氏の焼そば食って、身内にドロップオフ講座して帰宅。

ほんと、この週末は粗男氏のお陰で楽しく過ごせました!
お世話になりました!

a0085632_00034428.jpg

これさえあれば、誰でもドロップの練習ができる!
良いものを見つけた。
a0085632_00034866.jpg

この大してやる気のない人も、完璧な両輪着地できるようになった。写真はちょっと失敗したやつ。
これで、次は上級コースの一メートルドロップにも挑戦できるな!

[PR]
by VAN-QUISH | 2015-05-24 23:57 | Trackback | Comments(0)
今日は、粗男氏が企画してくれた、イベントの慰労と気楽に楽しむレースとBBQ。

ハンデつきとはいえ、三位じゃ悔しいレースでした。

が、BBQは最高に楽しめた♪

粗男氏、ありがとう♪
[PR]
by VAN-QUISH | 2015-05-24 01:38 | Trackback | Comments(0)
これまでに、山口ローカルのテレビ局や、山陽地区放送の某競輪番組と、テレビの4番組位取材を受け、それなりに扱ってもらった。
その全てのインタビューの中で、「山口県のMTB(ダウンヒル)の環境は決して良いとは言えない。」と言ってきた。併せて、「いつか、もっと山口のMTB(ダウンヒル)の環境が整い、広く認知され、できればその中に立っていたい」とも。

さて、15年前は2000年、世間はミレニアムとか騒いでた頃だ。
その頃はダウンヒルを初めて少し経った頃か?

それこそ、聖地と言えば信州は岩岳、富士見パノラマ。
ワールドカップは新潟県ARAI。
近場で本格的なレースと言えばジャパンシリーズin三瓶山(島根県)だ。

上記の中では、今も残っているのは富士見だけか。

あの頃は、そのARAIワールドカップの影響もあり、MTBマガジンなども発刊され、ダウンヒルが盛り上がっていたので、乗り始めるライダーも多かった。

しかしながら山口県では、ダウンヒルの環境と言えば、そこら辺の山を4,50分押し、又は担いで登り、3分で下る。もしくは、鉄塔管理道トレール200m位を何度も反復して楽しんでいた頃。
本格的なマシンを効率良く搬送し、専用コースを楽しむ環境、実力を発揮するレースは無く、降りていくライダーもまた多かった。

VQトレールを開いたのが2003年冬から。
T.T.Tが2004年の12月(この時も、土曜日の雨で、本線の日はマディだった。)
VQの活動が3年目を迎えた2007年頃、十種ヶ峰と縁ができて、スラローム大会を定期開催。
同時に、ダウンヒルを少しずつ取り入れ、2012年冬本格的にダウンヒルコースの造成に着手

コース完成後、元全日本チャンピオン内嶋亮君の会社ダイナコに委託する形で、念願の常設コース化した十種ヶ峰WOODPARKMTBパークでの「Gravity Ride Festa」を開催。

そして、2013年はダイナコ/VAN-QUISHの共催。
この年のコースレイアウトは一番好きだった。名物となった特設ロードギャップができたのもこの時から。
さておき、この時、ダートフリーク御一行と共にSLmedia中川さんも2009年のVQ以来4年ぶりに山口のダウンヒル環境を見に来てくれていて、もはや説明の必要もない、ダウンヒルシリーズの展開に繋がったわけだ。

仲間たちと共に10年以上も地味に活動を続けてこれたおかげで、随分と環境も変わったもんだこの15年。
今現在の山口、随分とダウンヒルが根付いて来たのではないか。
ブログでいつか書いた、lovebikes市川さんに教えて貰ったフィールドオブドリームスの話を思い出す。
「If you build it, he will come.」彼って誰なんだろ?あの人かもこの人かも?(笑)は置いとくとして。。。

VQトレールのみならば、俺が築いたんだ!とでも言いたいが、そんなもんではない、もはや個人がどうこうではなく、関わる皆の向き、ベクトルが同じ方向に流れ始めたのではないかと思える今日この頃。
本当に沢山の方々に、ありがとう以外の言葉が見つからない。

「ありがとう!」

とは言え、僕の目指しているところはもっと色々あるので通過点なんだが、何かの節目であったように感じた、2015年の5月、晴天の日だ。

DHseries

シクロワイアードの記事も読みごたえがあった。

サイクリストにも。
http://cyclist.sanspo.com/183762


サイクルスタイルの記事は、何気にyahooのニュースにも!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150513-00000005-cyc-spo


そりゃあ施設全般、色々比較すると、富士見やウイング、近いところでは瑞穂ハイランドにも劣るけど、見方によっては、一応肩を並べているわけで、こう言った記事を見るとそれは僕にとってとても感慨深いものなのだ。

そしてこれは、あくまで通過点。
[PR]
by VAN-QUISH | 2015-05-23 01:23 | ちゃり | Trackback | Comments(0)