ブログトップ

VAN-QUISH ko-ji

vanquish01.exblog.jp

山口localbikerscom(団体)VAN-QUISH代表のdiary

<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

22時からNHKで放送している「世界遺産への招待状」という番組で、カリブ海の自然遺産が紹介されていた。

そして、3月に旅したドミニカ国も紹介されていた。

カリブ海ってのはやっぱり綺麗だな~。
本当に短い時間しか滞在できなかったが、あの時間に追われない完全に現実逃避したような、とても落ち着きのある世界観は思い出すとなんだか気が安らぐ。

番組中で、私も行ったエメラルドプールも紹介されていたが、私が行ったときは例によって雨!で、絶好の景色は見ることができなかった、エメラルドに輝く姿が映されていた。う~ん、残念。

カリブ海。時間に余裕があるならせめて一週間くらいのんびりしたいところだ。移動に2日ずつかかるから、ざっと11連休あればなんとかなるか??無理だね。

その前にカナダだな!!

あ、再放送あるから興味がある人は見てみてね。
[PR]
by VAN-QUISH | 2009-06-30 00:30 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
富士見で練習したいな~。

予想外に今日も晴れてましたね。ってことでお山へ。

今日は1人で携帯カメラ使って遊んでました。
a0085632_23231735.jpg

スタート地点。
a0085632_23232680.jpg

2mドロップ

とこんなアングルで、ムービーとセルフタイマーを駆使して撮ってみようかと。



撮りました。

でも
a0085632_23233652.jpg

a0085632_23251611.jpg

酔いそうです。

ってか、動画は酔います・・・。(見たい人は、お会いしたときにね。)

そんな画を載せるなよ!と言われそうですが。
[PR]
by VAN-QUISH | 2009-06-28 23:26 | ちゃり | Trackback | Comments(0)
雨降らなかった。こんなに降らないのはさすがにまずい。

が、おかげで乗ることはできた。

missileとnobuと3人。

a0085632_2103719.jpg

missyコーナリング上手くなったな。

a0085632_2133178.jpg

最近復活気味のnobu。毎週来てくれてる。

a0085632_2131983.jpg

(一眼レフ欲しくなるね~)
a0085632_2133983.jpg

今日はフォーク上部コンプレッションを1回転、リバウンドは2回転してテストしたけど、最終的に、両方1回転ずつで落ち着いた。

マシンはかなり乗りこなせるようになってきた気がする。実に楽しい!!
[PR]
by VAN-QUISH | 2009-06-28 02:26 | ちゃり | Trackback | Comments(0)
乗ってないね。週末はなんとか乗ってるけど。

時折思い出す1年52週。52回の週末を無駄にしてないだろうか?

小さいサイクルと、それをつないだ大きいサイクルで、その都度どこかに照準を合わせて自分のテンションをうまくコントロールしていたい。
でも、コントロールしきれず、なんでもない時にテンションが上がりすぎると、大事な時にテンションが下がったりもする。小さいサイクルでは時々朝起きたら、テンションが上がらず、家から出たくない時もあるけど、そんなときでも山へ行くと案外気分良く乗れたりするもんだ。

とりあえず今は全日本に向けてテンションが上がってきているところ。手前で上げすぎず、と言ってじっとしてなんていられない気持ち。
マシンも新しくなったし、フォークのセッティングもわかってきたし、今は乗ることが実に楽しい。

楽しむためには、上達しなきゃいけないし、上達すれば楽しい。とにかくもっと乗って気持ちもマシンも今以上にコントロールできるようにならなくてはね。

相変わらず意味不明になってしまったが、とにかく乗りたい!!誰か一緒に乗りましょう!!
この週末は雨かな?平日降って土日晴れたらいいのに。

全日本も誰か一緒に行きませんか??
いまのところmissileだけかな??
[PR]
by VAN-QUISH | 2009-06-27 02:02 | ちゃり | Trackback | Comments(0)
なんで、あのスキー場でスラローム大会を開催することになったのか。

1 MTBを知らない人にも、展開が見えて分かってもらいやすい。運営も比較的簡単。
2 コース設定も割と簡単
3 クロスレースと違いボディーコンタクトが無く、ダウンヒル競技に比べリスクが少ないため初心者でも参加しやすい。
4 最初の予選でクラス分けを行い、ライバルが並走してレースするから1人ずつ走るダウンヒルとは違う魅力があって楽しい。

ってみるとなんだか楽してるように見えるかな。

しかし、手軽に開催できることと手抜きしてることとは当然違う。

最初っからでっかい花火を打ち上げると、あらゆる面で次に続きにくくなる。
1回だけでも良いという考えもあるが、継続することで徐々に活動が理解され、ローカルも増え、将来的にライダー全てにとって良い方向に向かいやすくなると思われる。

山口では、D系のライダーはまだまだ少ない。でも興味があるライダーはそれなりにいる。そして、MTBを全く知らない方が思い切ったイベントなどできるはずもない。
だったら「まずはこれくらいのイベントから始めてみましょうよ!」と始まった。

第4回目。それなりに認知されつつ、ゲストライダーまで来てくれるようになった。
しかし、今以上に何かが発展するにはまだまだ難しい問題が多いと感じている。

主催者岡村氏が「またやりましょう!」と言う限りは、最低現状維持で私も協力していく所存。

そんな現状か。
[PR]
by VAN-QUISH | 2009-06-26 01:00 | ちゃり | Trackback | Comments(0)
九州のスキー場の参考にでもなればとつらつら書いていたら、めっちゃ長くなってしまって、とても書き込む勇気もないので、自分のブログに書くことにした。こんな話は書き出すと、自分なりに多方向から見つめ始めて止まらなくなる。
 自分が、シーズン中レースを回らず、VQトレールと言うアンダーグラウンドなホームコースも無く、スキー場により近い場所に住んでいたなら話はもっと変わる。

More
[PR]
by VAN-QUISH | 2009-06-25 00:49 | ちゃり | Trackback | Comments(3)
今日はさっさとブログを更新して寝るかと思って先程ブログを書いてる最中、だんだんイライラしてきたのでやっぱり乗ることに。

たった30分でも、乗るとずいぶん気持ちが良いもんです。乗らずに後悔することはあっても、逆はないですもんね。

単純だ。

と言うことで、気分も良くなったことで寝ます。
[PR]
by VAN-QUISH | 2009-06-24 00:14 | ちゃり | Trackback | Comments(0)
今日は早く帰れたので、ストリートに出てみようと思ってたんだけど、一通り片付け終えたら、なんだか天気も微妙だし、テンションが上がらず、せっかく乗れそうだったのに乗らなかった。

しっかし、なんだかライバルと言うか、レーサーの仲間達毎週のように富士見やウィングに行ってる・・・・。
なんだかな~、差をつけられそうで焦るし、負けてられないんだけどな~。
こっちでできることを頑張らなくては。
モティベーションを維持するのもなかなか大変ですね。

さて、ライディングに新鮮さがあるとモティベーションを維持する一つのきっかけになる気がしますね。
ちょっとでも今までより上手く走れたら、自信をつけることが出来て、また頑張ろう!って気になります。

と言うことで、久しぶりにスクールをやってみようかと思います。

山でのスクールでは無く、山を下りて夕方位からどっかの公園か駐車場なんかで、楽にコーナーを曲がる方法なんかをしてみようかと。
自分なりにコーナリングで思うところがあるので、その再確認と、参加してくれるライダーには「あ!なるほど!」って思ってもらえるようなコーナリングのきっかけをつかんでもらえたらと思います。
受けてみますか???(笑)

ちなみに簡単な事をするので、クロカンバイクで参加しようと、ダウンヒルバイクだろうと、ロードバイクだろうと同じようにヒントをつかんでもらえると思いますので、お気軽にどうぞ。

ってか、天気悪いからいつやろうか考え中。
早速今週末土曜日の午後からでも良いのだけど、天気予報で決めます。
受けてみたい方コメントなりメールなりいただけると幸せます。参加者1人からやります。

話は変わりまして、TECH INのブログで紹介していただいてます。非常に恐縮です・・・。
[PR]
by VAN-QUISH | 2009-06-23 23:18 | ちゃり | Trackback | Comments(0)
a0085632_015856.jpg

[ディスクブレーキ SAINT]
予想どおり、引きも軽く、効きも良い感じ。強くかけたいときに、握りしめる感じではなく、レバーを軽く引くだけできっちり制動できている。
しかも、レバーの位置をハンドルにかなり近づけることができるから、手を大きく開かなくても大丈夫。これがとても疲労軽減につながる。
スラムのシフトには、初めは違和感と嫌悪感があったが、ブレーキに添えた人差し指を動かすことなく、親指だけでシフトできるし、カチカチッとしっかり操作できるから、慣れたらこれも調子良い!!

a0085632_0152999.jpg

[SESSION88]
さて、サスペンション、フレームの前後バランス等について
フロントサス(TECH IN 誉25型)ストローク:縮み側180mm+延び側15mm=195mm(フロントフォークのバルブをW0からR0に変更)
リアストローク(FOX DHX):203mm

まず、私、マシンのセッティングというものにこれまでこだわったことがありません・・・。
マシンから感じる印象が堅いとか、柔らかい、そんな程度です。意識が薄いのですが・・・。
おまけに、体感なんて、それまでどんなマシンに乗っていたかでも変わるし、良くも悪くも人間とは慣れるもんですからね。
それを踏まえた上で、私なりの現在の感触をインプレしてみる。

1日目の走行はフォーク下部のコンプレッションダイヤルは一番右へ回した後、3クリック左へ回した状態。上側のコンプレッション&ダンピングダイヤルは全解放のまま乗ってみた。
ちなみに、suguru監督に言われたとおり、セッションはヘッドが寝ているため、フォークは限界まで突き出してヘッドアングルを起こした。

驚くことに、1本目からいきなり速く走れた。
これまで以上に前後のバランスが整い、サスがストローク後に推進力に変わる印象を増した。むしろマシンに置いていかれるような感覚になってしまう。
しかし、納車してすぐの頃の、マシンの乗り方が分からずこけると言うような不安はなく、よりマシンまかせで進んでいく感じ。荒っぽく突っ込んでも恐怖心は無い。むしろガンガン積極的に攻めてみたくなる。

2日目には、上部コンプレッションを2回転、リバウンドを1回転してテスト。
バルブがこれまでのW0から、R0に変わり、おそらくこれまでより減衰の立ち上がりが早くなっている。
故にドロップや、コーナーの立ち上がりもこれまでのように、しっかり吸収してから前へと言う印象から、サスがストロークを始めたと思うと、もう先へ進んでいくような感じ。これが実にマシンの軽快感を増している。
初めフロントフォークが軽くなったのではないかと思った。

VQトレールはスタートして3mで1.5mのドロップを飛び降りるが、従来はフォークがまったりしていたので、きっちり落して衝撃を吸収、それから次のセクションへ進入と言う少しシビアな操作をしていたが、現在のセッティングならVQではフルボトムする心配が無く、減衰が立ち上がってからの戻りも早いため、多少ラフにドロップを飛び降りても、きっちりマシンを前に進めてくれるのでこれまで以上に安心して突っ込める。

コーナでの印象も同じく、リズムセクションの左右のコーナーが続くスイッチバックでは、バンクにあてた後、小気味良く立ち上がって切り返せるため、ハマるとマシン自体の軽さも相まって、これまでよりワンテンポ速い切り返しが出来、ライディングが上手くなったような気がする。

しかし、良いことばかりでは無い(フォークが悪いわけでは無い)。
タイトコーナーへ突っ込む際、自分が思うより速く立ち上がってしまうため、コーナをオンザレールで行きたいのに、一度立ち上がりかけて、改めて抑えると言う動きになってしまい、若干ナーバスな面もある。
と言うか、これは私の乗り方がまだ後ろへ荷重をきっちり載せることが出来ていないから起きる問題なので、もう少し練習すればより速いコーナリングをすることができると思う。
分かりやすく言うと、タイトコーナーでは先にフロントを送って、後輪荷重でターンすれば良い。これがまだ私は上手く出来ていない。

全体のバランスは実に良い。安心していろんなセクションに突っ込んで行けるので、マシンの感触がとても良く、実はVQでのタイムはまだ縮まっていないが、ダウンヒルコースなら確実にこれまでよりタイムが上がる気がする。マシンの前後バランスがこんなに大事だとは!!
次は、上部コンプレッションを1回転、リバウンドは2回転してテストしてみよう。

とまあ
現状でのインプレはこんな感じ、何の参考にもならないと思うが、私自身書いてみて良く分かることもあるし、正直良く分からないこともある。
セッティングで一番判断が難しいのは、例えばあのコーナーで曲がりにくい!と言う感覚が、セッティングによるものなのか、自分の腕なのかが分からないところ。あまりマシンのせいにしたくは無いしね。難しい。
[PR]
by VAN-QUISH | 2009-06-23 00:17 | ちゃり | Trackback | Comments(4)
着々と進んでます。
a0085632_23242829.jpg

リップ側

a0085632_23244247.jpg

バックサイド側

a0085632_23245036.jpg

一応テーブル上に丸太を並べます。
もう少しで完成かな。

バックサイドの後右コーナーが急。
そのまま、タコつぼにすり鉢状にドロップイン出来るように整地しようかと考えてみたり。いろいろ妄想
[PR]
by VAN-QUISH | 2009-06-21 23:28 | VQトレール | Trackback | Comments(0)