ブログトップ

VAN-QUISH ko-ji

vanquish01.exblog.jp

山口localbikerscom(団体)VAN-QUISH代表のdiary

カテゴリ:旅行( 59 )

石垣島は、潜るのが目的だった。
サイパン以来だから2年ぶりか。
a0085632_23193795.jpg

海はちょっと荒れ模様。
a0085632_23235348.jpg

1回目のダイブは、荒波を過ぎた後の穏やかな場所で、サンゴの綺麗な魚も沢山いるところ。
a0085632_2320872.jpg

この辺りは沢山の種類のサンゴや魚がいる。
a0085632_23312015.jpg

a0085632_23244730.jpg


そして、2本目は先ほどの荒れた海の真上からダイブ!
足がつかないところでは泳げない私には少し怖いところだ。
それでも、目的のアイツに会うためだ!!
a0085632_23302072.jpg

にしても、待ってもアイツは来ない。
a0085632_2332772.jpg

潮のうねりで水温が低い。寒くなってきた。
色々諦めかけてくる。
おや?あっちに影?
a0085632_23324635.jpg

何も見えん・・・。

ってところから、ドーン!!!
a0085632_233529.jpg

待ってました!!!背筋にぞくっと感動やらなんやら。神秘的というか。
そうそう、君に会いに来たんだよマンタ君!!!
a0085632_23371972.jpg

a0085632_23374999.jpg

a0085632_23414522.jpg

何度も頭上を回ってくれて、間近に観ることができました。
感動。
マンタに会えたら、ダイビングはもういいやって思ってたけど、もっと大きな個体もみたいし、また潜って会いに行きたいと思い直したのでした。
a0085632_23392936.jpg

[PR]
by VAN-QUISH | 2016-10-04 23:44 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
a0085632_22085996.jpg

昨夜遅く、石垣島、沖縄の旅から帰りました。
なかなか良い旅でした。
a0085632_22090330.jpg

石垣の民謡酒場でいちゃりばちょーでーと、皆で踊ったカチャーシーの余韻にしばらく浸りつつ、現実もお礼回りの開始です。

[PR]
by VAN-QUISH | 2016-09-26 22:03 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
今日から沖縄
a0085632_22472209.jpg

美ら海水族館
a0085632_22473830.jpg

a0085632_22474948.jpg

a0085632_22475352.jpg

a0085632_22475890.jpg

海~‼
a0085632_22480745.jpg

首里城と首里城から見る夜景。
a0085632_22481285.jpg

今日もご飯が美味しゅうございました。
a0085632_22482668.jpg

〆のソーキそば。

[PR]
by VAN-QUISH | 2016-09-24 22:42 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
a0085632_00241289.jpg

そう言えば、書いてなかったけど、15年ぶりくらいに鵜戸神宮にも行った。
a0085632_00241343.jpg

凄い所に神社造ってますよね。
a0085632_00241607.jpg

ヤマトタケル伝説的な事はよくわからないが、素晴らしい♪
a0085632_00241879.jpg

そして、名物、石を5つ投げて、円の中に入れば願い事がかなうとか言うゲーム的な。
男性は左投げがルール。
とりあえずやってみたけど、1つも入りませんでした。
枠に入ってもバウンドして出てくからね。。。汗
[PR]
by VAN-QUISH | 2015-09-25 00:17 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
ノープランだから、朝の気分次第🎵
一昨日も昨日も良い人達にお世話になり、ありがたい限り。
今日は、南下せず、山の中を北上することに。
a0085632_01222592.jpg

つり橋に行ってみたり
a0085632_01223130.jpg

高千穂峡に行ってみたり。
a0085632_01223742.jpg

お昼のチキン南蛮も美味しかった♪
a0085632_01224190.jpg

天ヶ瀬の河原の100円露天風呂も良かった♪
最後は、いつもどおり?適当に筑豊のお仲間のお家にお邪魔してご馳走になり帰宅。
楽しいシルバーウィークの旅でした!
[PR]
by VAN-QUISH | 2015-09-24 01:16 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
a0085632_2233437.jpg

木骨石張構造か、凄いな。
調湿性等に優れるわけね。


にしても、今日は私にとって衝撃のニュース。
私の青春、氷室京介が引退。
どう言うことだ???
[PR]
by VAN-QUISH | 2014-07-13 22:31 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
サイパンでやりたかった遊びナンバー1は、やっぱりダイビング!ボートで2ダイブ。
もうね、ずっと潜りたかった!
足がつかないとこでは泳げないんですけどね、潜るのに泳ぐ技術は関係無い。
前回沖縄で潜って以来、何年目だろう?

海の透明度が全く違う。透き通ってます。15m~20m近く潜ったけど、碧い海の中はたまりません!
興奮冷めやらぬ。
a0085632_2244221.jpg
a0085632_22443512.jpg
a0085632_22444852.jpg
a0085632_2245573.jpg
a0085632_22452059.jpg
a0085632_22453836.jpg
a0085632_22455663.jpg
a0085632_22461643.jpg

マダラトビエイが上空を旋回。
a0085632_2246324.jpg
a0085632_22464954.jpg
a0085632_2247666.jpg
a0085632_22482674.jpg
a0085632_22484263.jpg

クマノミとかいっぱいいて超かわいい。

2ボートで、サンゴが綺麗な「アイスクリーム」と、近くのもう一か所、海底の白い砂地とどこまでも続く碧い奥行に現実逃避も最高潮。
どちらのポイントでもマダラトビエイが迎えてくれた。

次はまた沖縄で、今度はマンタ狙いだな。
[PR]
by VAN-QUISH | 2013-09-09 23:02 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
まずはお船に乗り込み。まにゃがは島方面に進む。
a0085632_205959.jpg

そんで、こいつにお乗換え。
a0085632_2059186.jpg

丸いハッチから艦内へ乗り込む。
a0085632_20593193.jpg

ブクブク
a0085632_20594559.jpg

ブクブクブク
a0085632_20595980.jpg

チーン
a0085632_2101687.jpg
a0085632_2103022.jpg
a0085632_2104585.jpg
a0085632_211540.jpg

二式大抵の残骸
a0085632_2112274.jpg

a0085632_2113937.jpg

続いて沈没船
a0085632_21151100.jpg
a0085632_212738.jpg
a0085632_2122512.jpg

なかなかの迫力の電動潜水艦ツアーでした。
[PR]
by VAN-QUISH | 2013-09-08 21:12 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
サンゴ礁のビーチとお魚をお楽しみください。ボ~っと♪
a0085632_23201643.jpg
a0085632_23203050.jpg
a0085632_23204459.jpg
a0085632_2321338.jpg
a0085632_23211861.jpg
a0085632_23213962.jpg
a0085632_23215359.jpg
a0085632_2322832.jpg

お魚、人間に慣れすぎ!!

かわいい。
が、浅瀬のサンゴは海から上がると体のあちこちから流血・・・。
[PR]
by VAN-QUISH | 2013-09-07 23:23 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
当然乗るよねMTB!!
a0085632_0181516.jpg

ス-サイドクリフ
a0085632_0183041.jpg

スーサイドクリフからバンザイクリフを望む」
a0085632_0184262.jpg

ジャングルも抜ける。
a0085632_019537.jpg

バンザイクリフ
a0085632_0193099.jpg
a0085632_0194474.jpg


a0085632_020106.jpg

バンザイクリフからスーサイドクリフを望む。
a0085632_020376.jpg

ラストコマンドポイント(万歳突撃前夜、斉藤中将らが自決した洞窟はさらに奥のようだ。)
a0085632_0205882.jpg
a0085632_0215092.jpg
a0085632_022480.jpg

およそ70年前、この地で何があったのかを物語るその地名、通称、スーサイドクリフ、バンザイクリフ。
そしてラストコマンドポイント。
このサイパンの陥落で日本の戦局はいよいよ敗色濃厚となっていく。

戦陣訓の一説「生きて虜囚の辱めを受けることなかれ」と言う言葉の重みを叩き込まれた故のことかは定かではないが、その名称のとおり、日本軍と共に追い詰められた日本人民間人が多数飛び降りたクリフ(崖)。米軍の説得もむなしく、時には自分の子供を先に投げ、後を追うように飛び降りた母親も。
そして、絶対國防圏とされたこの島を最後まで守り抜こうと戦った陸海軍の玉砕の跡。艦砲射撃による被弾痕が今も静かに。

そして、これらのスポットは、画像には入れないようにしたが、日本人観光客、中国、韓国人観光客が多く訪れ、見る限りすべての客が談笑しながら写真を撮り、慰霊碑に手を合わせる人もなく。
ただその景観を楽しむ姿が、良くも悪くも印象的だった。

平和・・・平和ボケ?

いや、あの歴史を乗り越え現在の環境が構築され、互いの国交が開かれ、多国籍にみんな笑って過ごせてることは、素晴らしいことだと思う。

にしても、今どんなに笑って過ごしていようとも、約70年前世界で何があったか、せめて訪れたこの地で何があったのか程度は知っておいてほしいと思った。

また、この島をリゾートとして開発している米国人、チャモロ人達も多くの戦死者が出ている。
その人たちが、いろんなアクティビティのガイドをしているし、さらにかなりの割合で勤勉なフィリピン人が働いている。皆日本語も堪能で、英語が話せなくてもそれほど困ることもなかった。

しかし、ガイド中、そんな悲劇の地にいても、だれも戦争のことを多くは語ろうとしない。
悲劇の島というより、あくまで常夏のリゾート地としての楽しさを味わってもらいたいからだろうか。
そこで両手を挙げて笑いながらジャンプしてる女の子らは、ここで何があったか知らないのだろうか?
そんなもの、手に持ってるスマホ使って、youtubeでサイパンって検索すれば実に沢山見ることもできるのに・・・。
そう、約75~70年前、私の祖父は満州、フィリピン等の南方、シナで歩兵として第2次世界大戦に出兵したそうだ。もしかしたら彩帆にも来たことがあったかもしれない。

色んな思いを巡らせながら、そんなこと考えてる私の方が、世間的にナンセンスなのかなと思いながら、そっと手を合わせてみた。

中学生の頃だったか記憶に無いが、特攻機「剣」をめぐるTVのスペシャル番組があり、その中で絶対國防圏、バンザイクリフの存在を知り、祖父の戦争体験談も色々聞いた。且つ、ダイビングの人気スポットである、透き通るような碧さとサンゴ礁のサイパンの海にいつか潜りたいとずっと思っていたが、ようやく叶った。


シリアの話、米ロの対立、キナ臭いけど、70年日本は戦争をせずにすんでいる。

自分ものど元過ぎればすぐに忘れるが、たまには深くそういうことを考える時間があるのも良いだろう。
[PR]
by VAN-QUISH | 2013-09-07 01:35 | 旅行 | Trackback | Comments(0)